家賃滞納のリスクに役立つ|不動産経営に欠かせないマンション管理会社|評判の高い会社へ依頼

不動産経営に欠かせないマンション管理会社|評判の高い会社へ依頼

男性

家賃滞納のリスクに役立つ

積み木と紙幣

アパートを経営していくうえで、1番のリスクは住人から家賃を回収できない事態に陥ることです。家賃を払わない住人に対して、退去を命じることはできますが、少なくとも6か月は待つ必要がありますし、法的な手続きも行わなければなりません。なので、家賃を確実に払ってくれる住人を選ぶことが大切です。たとえ、その住人自体に支払い能力がなくなっていても、入居時に指定された連帯保証人に家賃を請求することができます。ただ、今の時代だと連帯保証人を簡単に見つけられない住人も多く、それによって入居希望者をみすみす逃してしまうのも空き室を増やしてしまう一因になってしまいます。基本的に連帯保証人は住人の血縁関係者か友人またはビジネス関係者になるわけですが、連帯保証人を代行する家賃保証会社も増えてきました。

家賃保証会社であれば、アパートの借り手も心的負担もなく頼むことができ、大家としても確実に家賃が支払われるので安心です。住人が家賃を支払わないという状況にあっても、大家には家賃保証会社から家賃をもらうことができますし、請求するのも家賃保証会社が行ってくれるので、面倒な手続きから解放されます。アパート経営者の中には、入居の際に連帯保証人ではなく家賃保証会社との契約を条件づけているところもあります。例えば、外国人向けのアパートであれば、入居希望の外国人が連帯保証人を見つけるのは難しいので、初めから家賃保証会社を案内する方がスムーズに契約を結べるということもあります。といっても、住人は家賃保証会社へお金を支払わなければならないので、連帯保証人を用意できる人に無理に家賃保証会社をすすめることのないようにします。