賃貸経営は管理がカギ|不動産経営に欠かせないマンション管理会社|評判の高い会社へ依頼

不動産経営に欠かせないマンション管理会社|評判の高い会社へ依頼

男性

賃貸経営は管理がカギ

集合住宅

プロに任せて業務を効率化

現代では、ビジネスの効率化を実現するにはアウトソーシングが欠かせないと言われています。実績とノウハウを豊富に有するプロフェッショナルに業務を委託することが、手間とコストを減らす結果につながります。賃貸経営についても事情は同じです。特に最近は兼業オーナーが増えてきたことから、専門の賃貸管理会社に業務を委託し、経営の効率化を図る動きが目立っています。賃貸管理業務の委託には大きく分けて3つのレベルがあります。1つめは、日常的な管理業務のみを委託するケースです。これは、建物の清掃、修繕、家賃の収納、入居者からの問い合わせ対応などが主な委託業務となります。賃貸プロパーの法人や個人が経営するマンションはおおむねこのパターンです。

丸ごと運営を任せることも

2つめは、日常的な管理に加えてさらに入居者募集業務を委託する形です。これは不動産仲介業者が賃貸管理を兼務している場合によく見られるパターンです。管理業務に係る報酬の他に、一種の成功報酬的な募集手数料を支払うのが一般的です。3つめは、賃貸管理のみならず運営業務まですべて委託するタイプです。これはサブリースあるいは一括借り上げと呼ばれる方式で、管理会社が入居者と転貸契約を結ぶことから、オーナーと入居者の間には直接の関わりが生じません。運営のイニシアチブを管理会社に委ねることになり、入居者の選定などにオーナーは関われなくなるので注意が必要です。ただしこの方式の場合、極論すればオーナーは月々の支払いを受ける以外は実質的に何もしなくて良くなるので、経営管理に十分な時間を割けない人にとっては非常に便利です。